Google検索WikipediaGoogle画像検索YouTubeWikipedia Quality
カテゴリ「炭化水素」により絞込み

ファンデルワールス半径の類似概念検索結果

アルキン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

アルキン

アルキンは、分子内に炭素間三重結合を1個だけ持ち、一般式が CnH2n−2 で表される鎖式炭化水素の総称である。アセチレン系炭化水素とも呼ばれる。広義には分子内に非環式および環式の C−C 三重結合を持つ化合物全般を指し、この場合「アセチレン」の語を一般名称として用いる。

カテゴリ: アルキン 官能基 炭化水素
シクロアルカン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

シクロアルカン

シクロアルカン とは、一般式 CnH2n であらわされる脂環式有機化合物の総称である。シクラン 、シクロパラフィン 、ポリメチレン などと呼ばれることもある。シクロアルカンは3つ以上のメチレンから構成された単環化合物であり、環の大きさにより小員環 、中員環 、大員環 に分類される。

カテゴリ: シクロアルカン 炭化水素
炭化水素 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

炭化水素

炭化水素は炭素原子と水素原子だけでできた化合物の総称である。その分子構造によりアルカン、アルケン、アルキン、シクロアルカン、芳香族炭化水素などさらに区分される。炭化水素で最も構造の簡単なものはメタンである。また、石油や天然ガスの主成分は炭化水素やその混合物であり、石油化学工業の原料として今日の社会基盤を支える資源として欠くべからざる物である。

カテゴリ: 労働安全 労働災害 有機化合物 炭化水素
ビニル基 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

ビニル基

ビニル基とは、有機化学における基のひとつで、エチレンから水素を1個取り去った H2C=CH- という構造を持つ 1価のもののこと。「ビニル」はIUPAC命名法が認める慣用名で、系統名 エテニル にあたる。クロロエチレン、酢酸ビニルなどの構成要素。電場効果は弱い電子求引性、共鳴効果は弱い電子供与性を示す。

カテゴリ: 官能基 炭化水素
ジエン
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

ジエン

ジエンは、二重結合を2つもった炭化水素のことである。ジエンはアルケンとポリエンの中間的な化合物である。

カテゴリ: ジエン 炭化水素
エチレン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

エチレン

エチレンとは、二重結合で結ばれた炭素2個を持つ炭化水素。もっとも単純なアルケンである。かすかに甘い臭気を有する無色の気体で、強力な酸化剤と反応しやすく、また引火しやすい。チーグラー・ナッタ触媒で重合するとポリエチレンになる。反応性が高く、様々な化合物の原料として用いられている。例えばアセチレンはエチレンをハロゲンと反応させて1,2-ジハロエタンを作り、水酸化カリウムでハロエテン、水素化アルミニウム...

カテゴリ: アルケン 植物ホルモン 炭化水素
アルカン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

アルカン

アルカンとは、一般式 CnH2n+2 で表される鎖式飽和炭化水素である。メタン系炭化水素、パラフィン系炭化水素や脂肪族化合物とも呼ばれる。炭素数が大きいものはパラフィンとも呼ばれる。アルカンが置換基となった場合、一価の置換基をアルキル基、二価の置換基をアルキレン基と呼ぶ。環状の飽和炭化水素はシクロアルカンと呼ばれる。IUPACの定義によれば、正式には、環状のものはアルカンに含まれない。しかし両者の...

カテゴリ: アルカン 官能基 炭化水素 燃料
メチル基 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

メチル基

メチル基とは、有機化学において、CH3- と表される最も分子量の小さいアルキル置換基である。特にヒドロキシ基やメルカプト基に対する保護基にも利用される。この名称は、IUPAC命名法の置換命名法のルールによりメタン の呼称から誘導されたものである。そして構造式で表記する場合はMeと略される。メチル基は隣接基効果として、電子供与性を示す。このことは、超共役の考え方で説明される。

カテゴリ: 保護基 官能基 炭化水素
ポリプロピレン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

ポリプロピレン

ポリプロピレン 略称PPは、プロピレンを重合させた熱可塑性樹脂である。工業的に入手可能であり、包装材料、繊維、文具、プラスチック部品、種々の再利用可能な容器、実験器具、スピーカーコーン、自動車部品、紙幣など幅広い用途をもっている。汎用樹脂の中で比重が最も小さく、水に浮かぶ。強度が高く、吸湿性がなく、耐薬品性に優れている。しかし、染色性が悪く、耐光性が低い為、ファッション性の高い服地の繊維用途には...

カテゴリ: 合成樹脂 合成繊維 有機高分子 材料 炭化水素
ポリエチレン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

ポリエチレン

ポリエチレン 略称PEは、エチレンが重合した構造を持つ高分子である。最も単純な構造をもつ高分子であり、容器や包装用フィルムをはじめ、様々な用途に利用されている。基本的にはメチレンのくり返しのみで構成されているが、重合法によって平均分子量や分枝数、結晶性に違いが生じ、密度や熱特性、機械特性などもそれに応じて異なる。一般に酸やアルカリに安定。低分子量のものは炭化水素系溶剤に膨潤するが、高分子量のもの...

カテゴリ: 合成樹脂 合成繊維 炭化水素
エチル基 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

エチル基

エチル基とは、有機化学において -CH2CH3 と表される1価の置換基のこと。構造式上では Et と略される。エタンから水素を1個除去した構造に相当し、エチルアルコール、ジエチルエーテル、酢酸エチルなど、多くの有機化合物に現れる構造。疎水性である。メチル基などの他のアルキル基と同様、超共役の効果により電子供与性を示す。反応性は一般に低いが、エチルベンゼンからスチレンの合成など、脱水素によりビニル基...

カテゴリ: 官能基 炭化水素
コールタール 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

コールタール

コールタールとは、コークスを製造する時にコークス炉で石炭を乾留して得られる副生成物の一つ。黒色の液体で芳香族化合物に独特の臭気を持つ。芳香族化合物を多量に含み、ナフタレン、ベンゼン、フェノール、クレゾール、ペンゾピレン、フェナントレンなどが含まれている。コールタールの2008年度日本国内生産量は 1,578,612 t 、工業消費量は 1,643,788 t である。

カテゴリ: 化成品 材料 炭化水素 発癌性物質 石炭
メチレン基 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

メチレン基

メチレン基とは、有機化学における2価の基の一種。メタンから水素が2個取り除かれた構造にあたる。

カテゴリ: 官能基 炭化水素
リモネン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

リモネン

リモネンは単環式モノテルペノイドの一種。化学式はC10H16、分子量は136.23。 天然にはd体、l体、d/l体の三種類が存在する。

カテゴリ: モノテルペン 溶媒 炭化水素 香料
プロピル基 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

プロピル基

プロピル基 とは、有機化学におけるアルキル基の一種で、炭素が3個で -C3H7 と表される置換基。

カテゴリ: 官能基 炭化水素
ノルカラン
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

ノルカラン

ノルカラン とは、炭化水素のひとつで、外見は無色の液体。シクロヘキサンとシクロプロパンが縮合した構造、すなわちカランから3個のメチル基が取り除かれた構造を持つ。ジエチルエーテル中で、シクロヘキセンにジヨードメタンと亜鉛銅カップルを反応させるシモンズ・スミス反応によって合成できる。

カテゴリ: 炭化水素
不飽和炭化水素 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

不飽和炭化水素

不飽和炭化水素とは、炭素骨格の炭素−炭素結合として二重結合または三重結合を含む炭化水素化合物の総称である。三重結合を持つアルキンは付加反応により二重結合をもつアルケンに、アルケンはさらに付加反応によってアルカンに還元される。しかし、アルカンはもはや新たな付加反応を起こさない。そこで、付加反応が飽和しているアルカンを飽和炭化水素とよび、アルケン・アルキンを不飽和炭化水素とよぶ。また、炭素...

カテゴリ: 炭化水素
低密度ポリエチレン
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

低密度ポリエチレン

低密度ポリエチレンは、繰り返し単位のエチレンがランダムに分岐を持って結合した、結晶性の熱可塑性樹脂に属する合成樹脂。他のポリエチレンと比較し軟らかい性質から軟質ポリエチレン、製法から高圧法ポリエチレンとも呼ばれる。旧JIS K6748:1995において低密度ポリエチレンとは密度0.910以上~0.930 未満のポリエチレンと定義されている。その分岐構造から結晶化があまり進まず、融点が低く柔らかい性...

カテゴリ: 合成樹脂 炭化水素
超高分子量ポリエチレン
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

超高分子量ポリエチレン

超高分子量ポリエチレンは、通常2~30万の分子量を100~700万まで高めたポリエチレン。熱可塑性樹脂に分類される合成樹脂であり、スーパーエンジニアリングプラスチックのひとつとみなされている。ダイニーマ、スペクトラなどの商品名でも呼ばれる。

カテゴリ: 合成樹脂 炭化水素
キュバン
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

キュバン

キュバン は 8個の炭素原子が立方体の各頂点に配置され、それぞれの炭素原子に水素原子が1個ずつ結合した構造を持つ炭化水素分子である。分子式は C8H8, IUPAC命名法ではペンタシクロオクタン、CAS登録番号は 。無色透明の結晶で、融点 130–131 ℃、200 ℃以上で分解する。炭素原子同士の結合角が 90°に近く、これは sp3 炭素で理想的な 109.5°から大きく離れるた...

カテゴリ: 炭化水素
プリズマン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

プリズマン

プリズマン は、角柱 の頂点に炭素原子を配した炭化水素の総称。三角柱、四角柱、五角柱の3種がこれまでに合成されている。ただし、単に「プリズマン」と言ったときには三角柱型のものを指すことが多い。

カテゴリ: 炭化水素
ジフェニルメタン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

ジフェニルメタン

ジフェニルメタン とは、示性式が 2CH2 と表される芳香族炭化水素。メタンが持つ水素が2個フェニル基に変わった構造を持つ。その構造は多くの化合物に見られる骨格で、水素が1個除去された1価の置換基、ジフェニルメチル基のことは特にベンズヒドリル基 と呼ばれる。ジフェニルメタンは、塩化アルミニウムなどのルイス酸存在下、塩化ベンジルとベンゼンのフリーデル・クラフツ反応により得られる。:C6H5CH2...

カテゴリ: 炭化水素 芳香族化合物
シクロアルケン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

シクロアルケン

シクロアルケンまたはシクロオレフィンは、炭素原子で構成された環状アルケンの総称である。ただし、芳香族性を持つものは含まない。シクロブテンやシクロペンテンのようないくつかのシクロアルケンはポリマー鎖合成のモノマーとして使うことができる。

カテゴリ: シクロアルケン 炭化水素
メチン基 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

メチン基

メチン基とは、有機化学の3価の基のひとつ。メタンから水素が3個取り除かれた構造に相当する。

カテゴリ: 官能基 炭化水素
BTEX 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

BTEX

BTEX はベンゼン ・トルエン ・エチルベンゼン ・キシレン の頭文字を表し、主に石油業界や土壌汚染関連で使用される略語である。これら化合物は、揮発性有機化合物の一種であり、ガソリンに含まれている。一般に、ガソリン中ではトルエンの濃度が最も高く、次いで、キシレン、エチルベンゼン、ベンゼンの順である。トルエン、エチルベンゼン、キシレンの各化合物は中枢神経系への影響が指摘されている。また、BTEX...

カテゴリ: 炭化水素 石油
ノルボルナン
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

ノルボルナン

ノルボルナン 、別名ビシクロヘプタン は化学式 C7H12 で表される飽和炭化水素である。ノルボルナンは、88 の融点を持つ結晶性の化合物である。炭素骨格は、シクロヘキサンの1,4-位にメチレン基が架橋した二環式の構造を有する。この化合物は、ノルボルネンやノルボルナジエンの関連化合物の水素添加により合成される。ノルボニルイオン は、非古典的イオンであるという観点から科学的な興味が持たれている...

カテゴリ: 炭化水素
コロネン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

コロネン

コロネン は多環芳香族炭化水素の一種で、ベンゼン環が環状に 6個つながった構造を持つ平面分子である。化学式は C24H12。黄または金色の粉末または針状晶で、融点は 428 ℃、沸点は 525 ℃である。水には溶けないが非極性溶媒には可溶で、溶液は青色の蛍光を放つ。非常に安定であり、また蒸気圧が低いことから、高真空下での利用が試みられている。分子の大きさは約1ナノメートルで、走査型トンネル顕微鏡...

カテゴリ: 炭化水素
ペンタレン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

ペンタレン

ペンタレンは、化学式 C8H6 で表される二環式炭化水素である。5員環同士が縮環した炭化水素で、二重結合と単結合が交互に並んだ構造を持つ。ナフタレンやアズレンがπ電子の非局在化により、二重結合と単結合の中間程度の結合長を持つのと異なっている。またナフタレンやアズレンが非常に安定であるのに対し、ペンタレンの誘導体は非常に不安定でありほとんどの場合単離は不可能である。これは8電子の環状π電...

カテゴリ: 炭化水素
ダイヤモンドライクカーボン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

ダイヤモンドライクカーボン

ダイヤモンドライクカーボン は、主として炭化水素、あるいは、炭素の同素体から成る非晶質の硬質膜である。硬質炭素膜とほぼ同義。DLCと略す。水素含有量の多少と、含まれる結晶質の電子軌道がダイヤモンド寄りかグラファイト寄りかによって、その性質を区別する。

カテゴリ: アモルファス ダイヤモンド 炭化水素 炭素の単体 薄膜
メンタン 画像元URL
Google検索 Wikipedia Google画像検索 YouTube Wikipedia Quality

メンタン

メンタン はテルペンの一種で、精油中など天然に存在する有機化合物である。無色の液体で、フェンネル様の芳香を持つ。p-メンタン骨格は多くのテルペン類の母体である。

カテゴリ: モノテルペン 炭化水素